加齢臭など体臭も酸化が原因!?



活性酸素対策の手引き~美白や若さを守る抗酸化力アップの秘訣



活性酸素対策の手引き » 加齢臭など体臭も酸化が原因!?

体臭や加齢臭の発生原因と考えられるのは、皮脂と細菌の酸化です。

体臭の発生メカニズムと活性酸素の関係について

皮膚に残る老廃物や汗や皮脂などの分泌物が皮膚の常在菌に分解されたり酸化すると体臭になります。

汗自体にはニオイはありません。皮脂は多少のニオイがありますが、悪臭といえるほどひどくはありません。しかし、こうした汗や皮脂が 皮膚に残り、それが常在菌に分解されたり酸化されると一気にニオイ物質が生成されて臭くなってしまうんです。

体臭の発生にも活性酸素は絡んでいるんですね。

基本的に体臭は皮脂や汗の分泌量が多いとニオイもきつくなります。それだけ酸化する材料が多いからというのがその理由です。 そのため太っている人やオイリーな人は汗や皮脂の分泌量が増える夏は注意しないといけません。

体臭を抑えるにはどうしたらいいか?ということですがまずは汗や皮脂を抑えるということです。制汗剤というのはそういう役目があるグッズですよね。 また、汗をかいたらすぐに拭くということもニオイ防止になります。着替えるのもいいと思います。

他には抗酸化作用を持つ食品やサプリを摂取したり、抗酸化作用のある石鹸で体を洗うということも効果的とされています。 年齢とともに抗酸化力が落ちてくると体臭も強くなったり、何だか他の嗅いだことのないニオイを発するようになってきます。

抗酸化力を維持することは体臭予防においても重要です。

加齢臭は抗酸化力の低下によって発生する!

男性は40代から、女性は閉経後ですから50代中ごろぐらいからこれまでの体臭とは異なる独特の加齢臭というものが漂ってくるようになります。

この加齢臭の原因はノネナールというニオイ物質なんですが、このノネナールも皮脂腺から分泌される皮脂の成分の一つである「パルミトレイン酸」 が酸化することで発生します。加齢臭を増加させる原因も活性酸素による酸化なんですね。

若いころは身体の抗酸化力が働いているので活性酸素による皮脂の酸化を抑制してニオイ物質を発生させないようにしているのですが、40代ともなると 抗酸化力も弱ってきますし、皮脂の成分にもニオイの原因となるパルミトレイン酸が増えてくるのであの独特の加齢臭がでてくるようになるんです。

ここまで読んできてもらえればもうお分かりかと思いますが、加齢臭を抑えるには皮脂の分泌を抑えるのはもちろん酸化を防ぐことが大切になります。 皮脂の分泌を抑えるには肉類や乳製品を控えて食生活を野菜中心にすること、それから太っているのなら痩せるようにしてください。

そして、酸化を防ぐためにはストレスや喫煙、紫外線、食品添加物、揚げ物など活性酸素を増やす原因を避けないといけません。皮脂分泌を抑えることも含めて 食生活の改善は加齢臭を防ぐうえでは非常に大事です。食生活の改善=抗酸化対策といってもいいぐらいですからね。

加齢臭石鹸などはカテキンや各種ポロフェノールなど抗酸化成分を配合しているので普通の石鹸を使って洗うよりはニオイ消しの効果と持続性に優れています。 年齢による抗酸化力の衰えをカバーすることも含めてそうした抗酸化成分を配合した加齢臭石鹸を使ってみるのも加齢臭対策になると思います。