悪玉と善玉がある活性酸素



活性酸素対策の手引き~美白や若さを守る抗酸化力アップの秘訣



活性酸素対策の手引き » 悪玉と善玉がある活性酸素について

活性酸素は身体によって良い働きをする善玉と細胞を錆びつかせたり老化を引き起こす悪玉の2種類あります。

活性酸素の4種類と悪玉と善玉の活性酸素の働きについて 

活性酸素には、ヒドロキシラジカル、一重項酸素、過酸化水素、スーパーオキシドの4種類があります。

一般的には活性酸素は体に悪影響を及ぼすものと考えられていますが、それは悪玉活性酸素のことであり、体にとって有益な働きをする善玉活性酸素といわれるものもあります。

悪玉の代表格はヒドロキシラジカルです。きわめて反応性が高く、体の組織を酸化させることで、老化、癌、リウマチなどいろいろな病気を引き起こします。 また、ヒドロキシラジカルは糖質、タンパク質、脂質、DNAなどあらゆるものと反応していく性質を持っています。

ヒドロキシラジカルは反応性が高い分、発生してもごく短時間で消えるとされていますが、脂質の酸化は連鎖的に進んでいくためやっかいです。 過酸化脂質は血管の内皮細胞を傷つけるため、動脈硬化の原因になります。

一重項酸素は皮膚に紫外線が当たった際に発生するもので、肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンというタンパク質を分解することで肌の老化を促進します。

善玉の代表格は過酸化水素です。これは、体に侵入してきた細菌を退治するために白血球が出す活性酸素で、生体防御メカニズムのひとつになっています。 しかし、体内にある鉄や銅が触媒になってヒドロキシラジカルに変化するため、善玉といっても安心はできません。

悪玉活性酸素だけ除去できるのが水素水!?

いわゆる抗酸化成分というのは善玉活性酸素を含めた4種類の活性酸素すべてを除去してしまうといわれています。しかし、 ここ最近、抗酸化という話題によく上る水素水の場合、嘘かまことか悪玉活性酸素のヒドロキシラジカルだけ除去できる効果があるといわれています。

といえば聞こえはいいんですが、今のところ水素水の効果については未知数です。

さも市民権を得たように抗酸化対策には水素水が不可欠という風潮になっていますが、これは水素水を売る販売業者が作り上げているものがほとんどであって 医学的、科学的には水素水の効果というのは半信半疑の状態です。

難治性の病気にかかっている人や家族にそういう人がいる場合、水素水の説明を読むと少しでも病気が楽になる、症状が緩和されると思ってしまうぐらい、 水素水は素晴らしいという内容がこれでもかと踊っているわけですがいまのところ全く根拠がない話だということは覚えておいてください。

水素水については「最近、話題の水素水ってどうなの?」で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。