抗酸化作用のある化粧品



活性酸素対策の手引き~美白や若さを守る抗酸化力アップの秘訣



活性酸素対策の手引き » 抗酸化作用のある化粧品

活性酸素による肌の老化を防ぐためには抗酸化作用ある成分が配合された化粧品でスキンケアをすることが有効です。

化粧品によく配合されている抗酸化作用のある有効成分について

活性酸素による肌の老化を防ぐためには抗酸化成分を食事から摂取する以外にも抗酸化成分が配合された化粧品でスキンケアをすることも効果的です。 肌老化を食い止めようと思ったら抗酸化化粧品を使ってみることをおすすめします。

具体的にどんな成分が化粧品に配合されているかというと、

要チェック【ビタミンC誘導体】・・・美白効果や抗炎症作用もあり。
要チェック【ナイアシン(ビタミンB3)】・・・コラーゲンを増やし、シワ・たるみ予防になる
要チェック【カテキン】・・・美白効果・消臭などの効果がある
要チェック【リコピン】・・・日焼けの予防・メラニンの生成を抑制する美白効果がある
要チェック【アスタキサンチン】・・・日焼けの予防・美白効果やコラーゲンの産生を促す作用がある
要チェック【油溶性甘草エキス】・・・メラニンの生成を抑制する美白効果と抗炎症作用がある
要チェック【オウゴンエキス】・・・日焼けの予防・保湿・抗菌・抗炎症作用がある

抗酸化作用に加えて、メラニン生成を抑えたり、炎症を抑制する作用など複数の効果効能がある成分が化粧品の有効成分として配合されていることが多いです。

他にもアントシアニンやレスベラトールを配合した抗酸化化粧品も最近増えてきています。

抗酸化作用のある成分が配合された化粧品は、シミやシワ・たるみ、毛穴の開きといった肌の老化による肌トラブルを予防したり、 改善する効果があるので、抗酸化化粧品でアンチエイジングを頑張るということも考えてみてはいかがでしょうか?

迷ったらビタミンC!ビタミンC誘導体入り化粧水やビタミンC美容液による美肌効果

抗酸化化粧品に配合されている代表的な成分といえばビタミンCです。

ありとあらゆる肌トラブルに効果があるということでシミ・くすみ、シワ・たるみ、毛穴の開きなど加齢による肌トラブルに使う スキンケア化粧品には必ずといっていいほどビタミンCが配合されています。

ビタミンCはそのままの形では肌に吸収されにくいため、肌に浸透するように改良されたビタミンC誘導体という形で基本的には化粧品に配合されています。

ビタミンCは抗酸化力が強いだけでなく、メラニン生成を抑制したり、コラーゲンを増やすサポートをしたり、皮脂の分泌を抑制したり、 炎症を鎮めてくれたり、肌の免疫力を高めてくれたりとマルチな効果をもつ凄い成分です。

濃度が高いほど効果も期待できますが、その分、刺激が強くなり、乾燥もするようになるのでそこは注意が必要です。普段のスキンケアでビタミンC誘導体を 活用する場合はビタミンC誘導体入りの化粧水かビタミンC美容液を使うというのが一般的です。

ビタミンC誘導体にもいくつか種類があって、なかでもおすすめはAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)入りのものです。一番浸透力にすぐれているからです。

ビタミンC美容液は化粧水よりもさらに濃度を濃くした感じです。

ビタミンC誘導体入りの化粧水を使うのなら別に使わなくてもいいと思います。 なお、一番ビタミンCの美肌効果を実感できるのはクリニックでのイオン導入です。高いお金払うだけあってさすがの効果という実感があります。