抗酸化サプリを飲むなら何がおすすめ?



活性酸素対策の手引き~美白や若さを守る抗酸化力アップの秘訣



活性酸素対策の手引き » 抗酸化サプリは何がおすすめ?

活性酸素に対する対策として抗酸化サプリを利用しようと思っています。抗酸化作用があるという成分はたくさんあると思いますが、何を飲むのがおすすめでしょうか?

抗酸化を目的としたサプリのおすすめは?

活性酸素を防ぐ抗酸化成分はさまざまな種類があり、どれか1つの特定のものをサプリで摂取するのではなく、色々な種類を摂取するというのが効果という点でも理想です。 とはいえ、サプリで摂取したいというのであれば売れている成分をチェックしてみてはどうか?と思います。

まず一番売れているのはゴマに含まれるセサミンを含んだサプリです。サントリーさんのセサミンが一番売れている抗酸化サプリなんじゃないでしょうか?

それからわかさ生活のブルーベリーアイもバカ売れしている抗酸化成分配合のサプリの1つです。

配合成分のアントシアニンやルテインというのは抗酸化成分であり、網膜の酸化を防いでくれる効果があります。白内障や緑内障、加齢黄斑変性症などの目の病気は酸化が大きく影響しているので目の酸化防止に わかさ生活のブルーベリーアイを利用するというのは全然アリです。

※視力回復ではなく、水晶体や網膜の酸化を防ぐためにブルーベリー(アントシアニン)を摂取するというのがブルーベリーサプリの正しい飲み方です。

女性の一番人気はユベラ贅沢ポリフェノールというエーザイのサプリです。カテキン・アントシアニン・リコピンなど全部で6種類のポリフェノール類とビタミンEを配合したアンチエイジングサプリです。 女性向けではありますが、男性が飲んでももちろんいいと思いますよ。

この他にも、詳細は後述しますがピクノジェノールも抗酸化作用の高さが注目されている成分の1つで、世界的に人気がでてきています。

世界が注目するピグノジェノールとは!?

数ある抗酸化成分のなかで最強との呼び声もあるのがピグノジェノールです。

ピグノジェノールは、大西洋沿岸に生息するフランス海岸松の樹皮から抽出された成分でビタミンCやビタミンEをはるかに上回る非常に強力な活性酸素除去作用があると言われています。

ピグノジェノールはフラバンジェノールという呼び方をされる他にもブドウ種子エキス、OPCともいわれます。これは標登録の関係上、呼び名が違うだけで原材料は同じです。

とはいえ世界ではピグノジェノールという呼び名が一般的でフラバンジェノールという名称を使うのは日本だけだとか。

ピグノジェノールを飲むことで得られる効果というのは抗酸化作用以外にもあって

要チェック ビタミンCを保護し、コラーゲンを増強する作用
要チェック ビタミンC、ビタミンEの生理活性効果を上げる
要チェック コラーゲンやエラスチンと結合して再構築し、無傷の状態に戻す
要チェック 日焼けの予防
要チェック アレルギーを抑制する抗ヒスタミン作用

というように、シワ・たるみにも効果があるのが特徴でしょうか?フランスでは医薬品としても使われているそうですからその効果は折り紙付きです。

ピクノジェノールを摂取しようと思ったらサプリを利用するしかありません。

ピクノジェノールを配合したサプリはDHCや小林製薬、サプリンクスなどにあるので値段を比較して続けられそうなものを飲んでみてはいかがでしょうか?