ニキビも活性酸素が関係してるの?



活性酸素対策の手引き~美白や若さを守る抗酸化力アップの秘訣



活性酸素対策の手引き » ニキビも活性酸素が関係してるの?

ニキビができる原因に活性酸素が関係しているというのは本当ですか?どんな形で活性酸素が絡んでくるんでしょうか?

ニキビを作ったり悪化させるのも活性酸素が影響しています。

肌トラブルには活性酸素が影響していることが多いですが、ニキビも例外ではありません。

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまうことがそのまま原因になるわけではなく、毛穴に詰まった皮脂が酸化されて生まれた過酸化脂質などの刺激物質の刺激だったり、 アクネ菌を攻撃するために白血球が放出する活性酸素などが炎症を引き起こしてしまうのがニキビの本当の原因です。

ようするに、活性酸素がきっかけになって毛穴詰まりがニキビになるということです。

ニキビ跡が残ってしまうことにも活性酸素が影響していて、同じ毛穴にニキビが繰り返しできてしまったり、 炎症が長引くとそれだけ活性酸素が周りの細胞や皮膚を傷つけてしまうので、真皮にダメージが及んでしまって 凸凹したクレーター状のニキビ跡が残ってしまう原因になります。

ニキビを防ぐには、皮脂が酸化したり、アクネ菌が分泌するポルフィリンに紫外線が当たって発生する活性酸素を防ぐ必要があるので、 とにかくまずは洗顔をしっかりして余分な皮脂を肌に残しておかないことが大切です。

さらに外出時にはできるだけ日傘をさしたり、帽子を被ったりして紫外線から肌を守るようにします。 紫外線がきっかけになって活性酸素が発生するのをできるだけ予防することを意識するようにしましょう。

ニキビケアにはビタミンC化粧品がオススメ!

ニキビを防ぐには活性酸素を発生させる紫外線を避けるということに加えて肌をニキビができにくい環境に整えるということが必要です。

ニキビができにくい肌環境に整えるにはビタミンCが不可欠です。紫外線による活性酸素の発生を抑えたり、皮脂の分泌を抑制したり、 炎症を鎮めたり、とニキビが気になる人がビタミンCを使わないのは意味がわからないくらいマルチな効果があります。

10代のニキビと違って大人のニキビは繰り返しやすいです。

その原因はニキビが治ったと思っても炎症の火種が毛穴の中に残っていたり、炎症を起こしたことで肌体力が低下しており、 活性酸素の影響を受けてまたアクネ菌が繁殖しやすい環境になっているからです。

このニキビが繰り返してしまう肌環境を改善するのにも役立つのがビタミンCで、抗炎症作用で炎症の火種を抑え込みますし、 肌の免疫力を高めてくれるので低下している肌体力を引き上げることもできるんです。

ビタミンC化粧品は以下のように4つの段階でニキビを食い止めることができます。

要チェック ニキビの予防・・・活性酸素の除去
要チェック ニキビの悪化防止・・・抗炎症作用
要チェック ニキビ跡の対策・・・メラニン還元作用
要チェック ニキビを繰り返さない肌作り・・・抗炎症作用、免疫力向上作用

「ニキビが気になる人がビタミンCを使わないのは意味がわからない」といった理由、理解してくれましたか? ビタミンC化粧品には抗酸化力だけでなく、幅広い肌悩みに応えてくれる効果効能があります。